【セット割引】産後うつ未満セット(マドレジャーナル第33・34・35号)

「産後うつ」問題提起からソリューション提案まではこの3冊セットを!
33号は、マスコミ関係のかたなど研究資料としてのお求めも多いです。

2017年8月29日「読売新聞」朝刊くらし面にて、33号の「産後のうつ的症状と日常生活に関するアンケート調査」が取り上げられました。
記事では、産後女性の抱える心身の実態、産後うつの要因、現在自治体等で行われている産後ケアの取り組みなどについて詳しく紹介されています。

定価6,000円。3冊まとめ買い割引20%を適用した、4,800円での販売です。
(他の号を追加した場合、このセットには再度まとめ買い割引は適用されません。ご了承ください)

※すべてのもくじは各商品ページに掲載されております。
こちらには巻頭特集のみご紹介します。

【マドレジャーナル33号】
特集:「産後うつ未満」

■「産後のうつ的症状と日常生活に関するアンケート」の結果から

《調査について》
ヽ詰
⊆遡籠睛討砲弔い

《調査結果から》
仝彊 回答全体の77%。「産後うつ未満」はどのようにして起きる?
∋期 多いのは初産後。しかし2回目、3回目の出産後という人も。
1洞繊 峪左紊Δ通に」の、人間関係や生活への影響
げ麌 きっかけは、「慣れ」とコミュニケーション、体力の回復
ゥ瓮奪察璽検,海譴ら産む人に「これだけは伝えたい」こと
Δ泙箸瓠峪左紊Δ通に」の深刻な実態
    「産後うつ未満」へのアプローチに必要な4つのこと
 
■バランスボールだけじゃない! マドレ式「健康な産後」へのアプローチ
4つの課題に対するマドレボニータのアプローチ
「産後うつ未満」の「回復のきっかけ」との関係
4つの課題に対して必要なアプローチとは?
「受けるケア」と「取り組むケア」

【マドレジャーナル34号】
特集:「産後うつ未満」を防ぐために

■「母」という刷り込みから自由になる 〜「産後うつ未満」経験者は語る〜
それは「眠れない」から始まった
健診で「産後うつ疑い」に
「大丈夫です」と返ってきたら怪しい
イライラの矛先が子どもに
「人生が変わった」長女の認定子ども園入園
気休めではなく、必要なことは
お話を伺って

■「産後の妻」と向き合う   〜夫たちの声から〜

【マドレジャーナル35号】
特集:孤立しない産後のために

■「出産・子育てをきっかけにした友人関係に関するアンケート」の結果から

《調査について》
…敢些詰廖
回答者の属性 
質問内容

《調査結果から》
 峪左紊陵Э祐愀検廚鬚瓩阿訃況
⇒Э祐愀犬破たされるのは、会話を通した「共感・受容」
MЭ佑蓮崛宛き」「個性的」「受容的」
ぁ嵳Э祐愀検廚函峪勸蕕討僚室妥戞廚隆悗錣
イ泙箸瓩伐歛
販売価格
4,800円(内税)
購入数